使用感やメンテナンスに関してのご質問

お手入れは必要?
着火前に燃焼ポットの掃除が必要です。またシーズン終わりには、プロによる燃焼室の灰と排気筒のすすを除くなどのメンテナンスを推奨しています。安全に長くご使用していただくために必要なことです。灰の掃除も行ってください。シーズンオフ時には、煙突(排気筒)内の掃除や、ストーブ全体の掃除、点検が必要です。当店による定期メンテナンスをお勧めします。
※使用するペレットの量や、質によりシーズン中でも掃除・点検が必要になる場合があります。
メンテナンス契約のメリットは?
設置後も安心してストーブをご利用いただけるよう、お客様にはメンテナンス契約をお勧めしております。 本体内部の掃除、配管清掃、回転部注油など、プロがチェックしながら行います。 メンテナンス契約後は、弊社にて全責任をもって行いますでの安心です。
灰の量はどれくらい出るの?
10キロのペレットを燃やして200~300グラム(2~3%)です。家庭ごみとして処分できる他、園芸用の肥料にお使いいただくこともできます。
乾燥しない?
乾燥は他の温風タイプの暖房器具と同程度です。洗濯物を部屋干しにすると乾きが大変よく、乾燥予防になります。
お部屋が煙くなったり臭ったりはしませんか?
クリーンな空気ですごせますよ。石油ファンヒーターなどと違い部屋の中に排気はしないので、お部屋の空気を汚すこともなく、数時間ごとの換気も基本的にも必要ありません。密閉性も高く臭いの心配もありません。
火傷の心配は?
機種にもよりますが、窓と窓枠のみ高温になります。本体の上部や側面は温まる程度です。小さなお子さんがいる家庭はストーブガードを付けているところが多いです。(鋳物でできている機種などは、側面や上部、底も熱くなるものがあります。)
保障期間は?
メーカー保障は1年間です。法定対応年数は6年です。10年目の使用で着火不良の故障となったが部品交換で再び使えるようになったという例もあります。
電気代はどれくらいかかる?
ひと月数百円程度です。消費電力は着火時300~400w(電子レンジ使用程度)、通常運転時60~100w(電球使用程度)です。
これまでのトラブルは?
ストーブ本体に不良や故障が見つかったケースと、使用方法の誤りや不理解によって引き起こったケースがあります。また近隣の方への配慮不足によるトラブルもあります。ストーブ本体の不良や故障以外は未然に防ぐことが可能ですので、ペレットストーブの特性を十分に理解してから購入しましょう。